百三十三回目 役満条件での打ち方 ☆イーシャンテンの構え方・その6(実戦編)☆

今回は、2003年度ミューカップイン九州決勝戦の牌譜より

忍田プロの打ち筋を例題にします。

準決勝を終えた時点で、トータルトップの黒澤ツアーとの

ポイント差は35.5ポイント。

優勝を目指すには少し苦しいポイント差です。

そして、決勝戦もオーラスを迎え、

黒澤ツアーからは13800点離された3着目。

優勝条件は、黒澤ツアーかトップ目から三倍満を直撃するか

役満ツモのみ

という絶望的なもの。

そこで手にした配牌が、

一萬四萬五萬六萬七筒七筒七筒三索五索七索東東西 ドラ二萬

役満どころか、マンガンすら程遠いものでした。

しかし、第1ツモで五索を重ね、2枚切れの打西3巡目に引いた初牌の白を残し、打一萬4巡目に五索を暗刻とし、打七索5巡目には白を重ねて、打三索で、以下のテンパイ。

図 ドラ二萬