佐藤崇の第35期最高位決定戦自戦記②

南1局3本場。
供託には飯田一人が出したリーチ棒が3本。
全てをかっさらうべく5巡目に先制リーチ。

一筒二筒三筒四筒五筒六筒一索二索三索四索五索九索九索 ドラ一筒

点棒状況だけならここはヤミテンにしてもよさそうだが、村上の切り出し、飯田の3巡目四索ツモ切りから、待ちとしてはかなりの好感触。

ところが次巡飯田が三度…いや4局連続の追っかけリーチ!そして今度は一発ツモ!

二萬三萬三筒三筒五筒六筒七筒二索三索四索六索七索八索 ツモ(一発)四萬 ドラ一筒 裏ドラ六萬

裏ドラを見て少し首をひねる飯田の4000オール。

それにしても、よくもまあ…これだけリーチのかかるジジイである。
よく歳取って引きが弱くなったとか言う、巷のオヤジに見せてあげたいくらいだ。
ここまでくると呆れるとかウンザリするとかを通り越して、嬉しくなってくる。
恐らくこれは、今決定戦3人共通の思いである。

それにしても村上の仕掛け。ここまで遠いとは思っていなかった。ラス目とあれば仕方ないのかもしれないが、らしくない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA