佐藤崇の第35期最高位決定戦自戦記②

ここを手なりで打白としておくと、次巡のツモが二萬一通の変化もあるので打二筒としておけば、後は手なりで12巡目に

一萬二萬三萬四萬五萬七萬八萬九萬四索六索六索六索東 ツモ六萬

このテンパイとなる。11巡目の水巻の八索を見て、もしかしてメンホン入りました…?と思いつつも、ドラ切りヤミテンも四索切りもいかにも弱い。なので結局えいや!のドラ切りリーチとなりそう。そうするとほぼ一人テンパイで流局(一見ツモあがっているように見えるが、水巻の仕掛けが入らないので、4枚生き(!)の五索は全て3人の手に…)となっていただろう。

以上はタラレバの話。実際は12巡目に

二萬三萬四萬四萬五萬六萬五筒六筒四索六索六索六索東

このイーシャンテンになるも、15巡目に發

を引かされギブアップ。

そして3人にしっかりテンパイを入れられ、一人ノーテン。

既に東が飯田につかまっているのを見て納得するも、やはり入り方としては気持ちいいものではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA